2013年11月17日

リハビリ日記

約1週間に一回の割合でD病院のリハビリに通っています。
11月8日で術後2ヶ月(8週間)になりました。
CIMG2626.JPGCIMG2627.JPGCIMG2629.JPG
傷のなおりは良いです。装具は20年前の「ドンジョイ」、ハードタイプなのでごっついです。
ようやく寝る時ははずせるようになりました。わーい(嬉しい顔)

退院して、D病院の執刀医に聞いて初めて知ったのですが、外側の半月板も縫ったようです。
内視鏡での縫合だったので、その傷は付かなかったのだそう・・・。
私の2日前に同じACLの手術をしたAさんは半月板の縫合跡もあったせいか、術後かなり痛かったようだし、痛みのせいでリハビリも思ったように進まなかったようです。

リハビリは半日かかります。体幹を鍛えることが中心で、あとは筋トレ・エアロバイクなどです。
前から体幹は意識していたせいか、リハビリの先生に褒められるのですが、その割に腹筋があまりなさすぎ、とのこと。日々、腹筋を中心に自主トレしています。

約1年間も、前に出ない右足を出そうとしていたせいか、右足裏の横アーチが落ちて足指が反り返ってしまいます・・・。なかなかうまく歩けず、もどかしい毎日です。
気持ちよくジョギングできるのは、まだまだ先のような気がします。

でも、13日のリハビリで初めてかかとが腿に付いて、その日の夜お風呂のなかで膝を折ることができました。わーい(嬉しい顔)
posted by Rimi at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

入院日記 その4

今回は2回目の断裂再建手術ということで、リハビリも慎重に普通の1週間遅れで進みました。
足を曲げる機械(CPM)を始めたのは、術後2週間過ぎの10月1日からでした。90°からスタートしたのですが、リハビリの先生に曲げてもらう段階でもうそれ以上いっていたので、4日で120°まで到達し、早々と終了しました。不気味なほど傷の痛みがまったくなく、逆に心配・・・でした。
自転車こぎや太もも・ハムストリングス・臀筋の筋トレに励み、全加重で歩けるようになった術後5週間たった10月19日に退院できましたexclamation

CIMG2615.JPG
4週間ほど愛用させてもらった車椅子です。小回りが効いて軽く、お気に入りでしたるんるん
CIMG2616.JPG10月14日体育の日の昼食です。行楽弁当晴れ
posted by Rimi at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

入院日記 その3

9月22日(日)は秋田内陸100キロチャレンジマラソンの日でした。
朝、4時半のスタート時間からずーっと一日中、感慨にふけっていました・・・。「花街道100キロマラソン」
を読みながら。
9月28日(土)家族3人そろってお見舞いに来てくれました。「おめでとうございます!」とそれぞれに言われ、何のことかと思ったら、東京マラソン当選ぴかぴか(新しい)でした。
・・・こんな時に当たらなくても・・・。スポーツ復帰は6ヶ月後と言われていたので、2月の終わりはまだ微妙に早いんだなー・・・。でもD病院の主治医に聞いてからにしよう、とわずかな望みを持ち続けていたのですが、
10月10日が振り込み締め切りだと知って、諦めました。

2週間の右足30度固定が終わり、抜糸して「ドンジョイ」を付けました。
20年前に購入して使用した装具です。物持ちのいい私は20年間捨てずに取って置いたのです。
今はサポートタイプのソフトなものが、主流のようですが・・・。
リハビリも順調に進みました。
気がかりだったのは、手術の影響でヘモグロビンが9台になっていること。
父にプルーンをお願いして、毎日ヨーグルトに入れて食べました。
CIMG2606.JPGCIMG2610.JPGCIMG2609.JPG
抜糸の後の写真です。右側の1枚は右足の外側です。
posted by Rimi at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする